カメラブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高坂勲、以下:カメラブ)が運営する、カメラ機材のサブスクリプションサービス「GooPass」は、本日2019年11月5日(火)に、サービス提供開始から1周年を迎えましたことをお知らせいたします。

 

 

GooPassでは1周年を記念して、新しい撮影体験ができる様々なキャンペーンを近日中に予定しています。
これまで取り扱いのなかった機材カテゴリが新たにラインナップに加わるほか、GooPassだから実現できる機材を組み合わせた撮影MISSION、超高額なスペシャル機材の特別レンタルなど、運営メンバーも心からワクワクするような企画を準備しています。近日中に公式サイトにて発表いたしますので、ご期待ください。

 

GooPass1周年にあたり代表よりご挨拶

まずは、GooPassというプロダクトが無事に1周年を迎えられたことを大変嬉しく思います。これまで応援頂いたユーザーの皆様、支えてくださった取引先の皆様、一緒に頑張ってくれた運営スタッフに心より御礼申し上げます。

競争が激しいスタートアップ業界において、新しいサービスは次々と生まれ、価値のないサービスは淘汰されていきます。理想と現実の狭間で葛藤しながら、日々取り組んできました。

私たちのチャレンジは、カメラ業界をもう一度盛り上げること。日本が大きなシェアをもつ世界に誇れる産業であり、文化でもあるカメラを多くの人に広め直すこと、ここに尽きます。

その1つの答えとして、まずはカメラのサブスクを提供することにしました。
サービスのコンセプトは、『一生分の機材を、今、手に入れる』です。

買うよりお得だから無駄なくレンタルするという視点もありますが、何より月額サブスクという形式なら色々な種類を長く利用して頂ける、という体験の質にこそ価値があると思っています。メーカーは本当に素晴らしいプロダクトを世に出しているのですが、ほとんどの人はごく一部を使うに留まっています。ここでは最適化の弊害として、良い意味での無駄や遊びの観点が欠けてしまっていると感じています。

カメラはエンターテインメント。自己表現できるツールとして素晴らしいものだと思うからこそ、ユーザーの方々にも、様々な表現の可能性にチャレンジしてほしいと思っています。そして良いと思ったモノは迷わず購入してほしいと思います。そのキッカケをつくることで、業界に恩返しをしていきたいと思います。

GooPassは次の1年で、モノを提供するサービスから脱却し、撮影体験を最大化させるプロダクトへと進化させます。カメラは心を動かすものだと知っているスタッフが届ける、本当にワクワクできるGooPassへ。

 

カメラブが大切にしているフィロソフィー

– Vision –
エンターテインメントと
想いで溢れる世界をつくる。

– Mission –
好きに夢中になれる機会を支え、
誰かの喜びと生きがいをつくる。

– Value –
まずは楽しもう
チームカメラブ
大きく描こう
とにかく進もう
ユーザーに優しく
そして、最高の価値を届けよう。

 

【GooPassについて】

カメラ、交換レンズ、ドローンなどの撮影機材が月額定額でレンタルし放題となるサブスクリプションサービスです。発売したばかりの新商品も含めて約600種類をWEB上から予約でき、全国に配送でお届けしています。旅行や運動会、購入前のお試し利用など、様々なシーンでご利用頂いております。
「GooPass」公式サイト:https://goopass.jp

 

【カメラブ株式会社について】
当社はフォトグラファーやビデオグラファーなどの新しい世代のクリエイターの活動を支援するべく、2017年に設立されました。『GooPass』を通じて、今まで敷居が高かった撮影機材を「購入」するだけでなく「借りる」という新しい選択肢を提案し、撮影体験の機会を創出しつつ、クリエイターを支援し、カメラの文化を育んでまいります。

所在地 :東京都渋谷区神南1-10-6 Barbizon98-10F
代表者: 代表取締役 高坂 勲
設立年月 :2017/4/10(フォトの日)
業務内容:カメラ機材のレンタルサブスクリプション事業、メディア事業、ドローン空撮/映像制作事業
URL :https://camelove.co.jp

【本サービスに関するお問い合わせ】
E-mail:press@camelove.co.jp