NEWS RELEASE

カメラブ株式会社
2022年3月15日

カメラのサブスク「GOOPASS」のリブランディングを実施
アドバイザリーチームを発足し別所隆弘氏とGoAndo氏が就任

〜カメラ機材(モノ)の提供から、さらなる撮影体験(コト)の創出を加速〜

カメラ機材のサブスクリプションサービス「GOOPASS」を展開するカメラブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高坂勲、以下:カメラブ)は、サービスのリブランディングならびにアドバイザリーチームを発足いたしました。

【リブランディング実施の背景】

2018年にカメラのサブスク「GOOPASS」をローンチし、撮影機材(モノ)を手にするまでのサービスを提供してまいりました。2021年には「GOOPASS PRIME」をローンチし、撮影体験(コト)のキッカケを提供しはじめましたが、会社のフェーズが進むにつれてサービスの領域がさらに拡張していくことを見据えて、「GOOPASS」ブランドを確立し、デザインや体験ならびにコミュニケーションにおける統一を図るべく、リブランディングを実施することになりました。

【リブランディングに伴う変更内容】
・ロゴおよびサービスサイトのデザインリニューアルならびにシンボルマークの新設
・「GooPass」を「GOOPASS」表記へ
・ブランドパーパスの新設

【GOOPASSの新しいロゴ】

 

【アドバイザリーチーム発足】

GOOPASSブランドのさらなる発展を見据えてアドバイザリーチームを発足いたしました。第一弾として、コミュニケーションと体験設計の領域において造詣が深く、同時に写真やカメラ愛好家でもある2名の専門家にアドバイザーとして就任いただきました。

コミュニケーションアドバイザー 別所隆弘 氏
フォトグラファー / 文学研究者 / 関大講師
https://twitter.com/TakahiroBessho

エクスペリエンスアドバイザー Go Ando(安藤剛) 氏
PREDUCTS 代表 / THE GUILD 共同創業者 UX Designer
https://twitter.com/goando

【ブランドパーパス】


所有することが前提だったカメラに、サブスクという繋がりをつくり、誰にとっても身近に利用できる関係性へと変化させてきました。その範囲はインターネットを越えて、リアル店舗の場面でも同様となっています。そんな私たちの次の活動は、カメラでの撮影体験を通じて大切なものに気づくキッカケを増やし、思い出も、笑顔も、自然も、未来に紡いでいくことと整理し、今回のパーパスを掲げることにしました。

【note】
GOOPASSのリブランディングストーリーとアドバイザリーチーム発足の経緯
https://note.com/isao01/n/nccfd512676ae

【GOOPASS関連サービス】
【GOOPASS】入替放題レンタルできるカメラのサブスク
 HP:https://goopass.jp
【GOOPASS PRIME】撮影意欲が高まる体験のサブスク
 HP:https://goopass.jp/prime/
【GOOPASS TAKEOUT RENTAL】新品カメラを店舗からお試しレンタルできるサブスク
 HP:https://goopass.jp/takeoutrental/

■カメラブ株式会社について
当社はフォトグラファーや映像クリエイターなどの新しい世代のクリエイター活動を支援するべく、2017年に設立されました。プロダクトとテクノロジーの力を通じて、今まで敷居が高かった撮影機材を手に入れるための新しい選択肢を提案することにより、誰にとってもカメラがもっと身近なものになる手助けをし、撮影体験の機会を創出することを通じてカメラの文化をふたたび育んでまいります。

所在地 :東京都渋谷区神南1-10-6 Barbizon98-9F/10F
代表者: 代表取締役 高坂 勲
設立年月 :2017/4/10(フォトの日)
業務内容:カメラと体験のサブスクリプション事業、メディア事業
URL :https://camelove.co.jp

 

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
E-mail:press@camelove.co.jp(カメラブ株式会社 広報)