NEWS RELEASE

カメラブ株式会社
2022年5月17日

カメラのサブスク「GOOPASS」運営のカメラブ
電動バイク&電動キックボードのサブスク実証実験へ

〜バイク情報メディア「グーバイク」と連携し2022年6月に取り組み開始予定〜

カメラのサブスク「GOOPASS」を展開するカメラブ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高坂勲、以下:カメラブ)は、情報量国内最大級のバイク情報メディア「グーバイク」を運営している株式会社プロトコーポレーション(本社:名古屋市中区 代表取締役社長:神谷 健司、以下:プロトコーポレーション)と電動バイクおよび電動キックボード等のサブスク実証実験を開始いたします。

【実証実験時のサービス内容について】
カメラのサブスク「GOOPASS」の運営を通じて提供している、利用者が自由にレンタル品の入れ替えが可能となるユーザー体験同様のサブスク型の電動バイクおよび電動キックボードの乗り換え放題「電動バイクのサブスクサービス」のMVP(Minimum Viable Product)を開始いたします。利用者は専用のWEBサイトで注文することで、提携バイク販売店で受け取りが可能なモデルを予定しています。

【協業背景について】
カメラブが運営する「GOOPASS」の利用者であるフォトグラファーに撮影地での行動範囲を広めたいという潜在的なニーズがあり、二次交通の課題をもっている地域においても「GOOPASS」の利用者に移動手段の提供することで「GOOPASS」の提供価値向上を目的とした、MaaS領域における電動バイクおよび電動キックボードのサブスクモデルサービス提供の可能性を検討しておりましたが、安全性の確保等、専門性を有する領域のために取り扱いハードルが高い状況にありました。

また、プロトコーポレーションにおいては、「グーバイク」運営を通じ、全国のバイク販売店との未来構想の中で、カーボンニュートラル等の社会情勢の変化への対応が必須と考えており、電動バイクおよび電動キックボード等の新たな価値提供の形を検討しておりました。

そのような背景のなか、カメラブが「GOOPASS」の運営を通じて保有しているサブスクモデルのノウハウである、購入前に複数の選択肢を試せるというユーザー体験の提供や、与信や決済および顧客・商品管理まで可能なプラットフォームシステムと、プロトコーポレーションが「グーバイク」の運営を通じて保有している、メディアプロモーション力、全国のバイク販売店ネットワークが結びつくことで、事業シナジーが期待できることから今回の業務提携に至りました。

カメラブは、サブスクモデルによる電動バイクおよび電動キックボードの普及を通じて、循環的な車体利用の文化を啓蒙するとともに、カーボンニュートラルの実現に向けて前進してまいります。

【サービスページ】
スマートフォン向け:
https://www.goobike.com/smp/campaign/micromobility_subscription/index.html
パソコン向け:
https://www.goobike.com/campaign/micromobility_subscription/index.html

【料金プラン】

■プロトコーポレーションについて
社名: 株式会社プロトコーポレーション
代表者: 代表取締役社長 神谷 健司
本社: 愛知県名古屋市中区葵1-23-14 プロト葵ビル
創業: 1977年10月
設立: 1979年6月
事業内容: 新車・中古車、パーツ・用品等をはじめとしたモビリティ関連情報ならびに
        生活関連情報サービスの提供
URL : https://www.proto-g.co.jp/

■カメラブについて
社名:カメラブ株式会社
代表者: 代表取締役 高坂 勲
所在地 :東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル13F
設立 :2017/4/10(フォトの日)
事業内容:カメラと体験サブスクリプション事業、メディア事業
URL :https://camelove.co.jp/

 

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
E-mail:press@camelove.co.jp(カメラブ株式会社 広報)